本文へジャンプ
燃焼!

平成29年/今年のテーマは

●栃尾サーキットの動画一覧/栃尾のおやじ

●https://www.youtube.com/user/totiooyaji
●栃尾サーキットの動画配信/中島清司

●https://www.youtube.com/channel/UCqTcqX7jcJcppqFjPhtk-CQ
●謙信杯争奪戦動画会員アクセス
 桐生(nory)伸太(けいすけ)/笠井(悪企み)/諸江(ryuichi)/近藤(Q.Q)

●10月8日(日)/謙信杯争奪戦第6戦リザルツ
  
●Aクラス写真左/笠井優勝(右)2位押木(左)。      ●Bクラス写真右/川野優勝(中)3位三井(左)4位丸山(右)。
                                         2位の齋藤KX250Fは時間制約のため早退て゜した。










■Aクラス(第2戦は不成立)
ライダー   第1戦 第3戦  第4戦  第5戦  第6戦  ポイント  合計
笠井 拓也  1位 3位  ー    1位 10 28 
以倉 直隆  2位    1位  3位  ー    ー 27 
 伸    太  ー  1  ー  1位  ー   ー 20
 桐生 憲明  ー  2  ー  2位   ー  ー  18
 榎本 雅至  ー  4位  ー  ー  ー   ー  7
 押木 政良   ー   ー   ー  ー   2位    9 
■Bクラス (第2戦は不成立)
ライダー  第1戦   第3戦  第4戦 第5戦  第6戦   ポイント  合計
八木沼 健  1位  1位  1  1位  ー    40 
佐藤 大介  2位 ー   ー  ー  ー  ー  9 
 川野 健一  3位  2  2位  2位 1位  10 45
 芳賀 秋裕 4位  ー  ー  ー  ー   ー
 三崎 慎一 5位 ー   ー  ー  ー   ー
 丸山 芳喜  6位 4位  4位  4位 4位  32
三井 浩彰  7位 ー   ー  ー 3位   8 12
山口 俊介  ー  3位  3位  3位  ー    24
齋藤 陽士          2位   

●第19回謙信杯第6戦の動画はこちら↓

https://youtu.be/2QBREBIjSDE
●第19回謙信杯決定戦/敗者復活トーナメントの動画はこちら↓

https://youtu.be/6JmdPEQLgw0

 

●謙信杯争奪戦決勝戦はトーナメント方式で行われた。
Aクラストップの笠井とBクラストップの川野が決勝戦を行い笠井が川野を制して謙信杯を獲得。
 川野は敗者復活戦に回った。
Aクラス2位の押木とBクラス2位の丸山が決勝戦を行い、丸山がアクシデントに見舞われた押木を制し信玄杯を獲得。
 押木は敗者復活戦に回った。
Aクラス3位はいないので、Bクラス3位の三井がシードとなり謙信杯で敗れた川野が対決。ここで三井がフルパワーを発揮、川野の転倒もあり、三井が兼続杯を手中にした。
 健闘賞は押木と川野の対決となったが、精根尽きた川野が押木に健闘賞を譲った。

●写真左から/「兼続杯」三井YZ125X。「謙信杯」笠井KLX250。「信玄杯」丸山KX125。「健闘賞」押木YZ250F





●10月1日(日)/以倉TT、川野YZ、伸太YZ、押木YZ、ヤマハばっかりのトレーニングラン
 残念だったのは以倉TTのマシントラブル。お金がない以倉の場合、CRにしても今回のTTにしてもマシントラブルでいつも懐を泣かせる。辛いな。ライダー成長期の達朗も少し気落ち気味だった。
●あの押木が帰ってきた。最終戦にエントリーだぜ、楽しいぜ。準備体操の押木YZ↓

●川野YZは最終戦に向けてのトレーニング。頭でわかっていてもなかなか思い通りに行かないマシンコントロール。2年前の彼のライディングフォームを見ると、今の彼の悩みが可哀想な気がする。
●伸太は爺ケ岳90分エントリーのためのトレーニングにやって来た。頑張るなァー。
↓以倉達朗                      ↓伸太         ↓川野                    ↓以倉













●トレーニングコモゴモ動画を配信します↓

https://youtu.be/tJJHlptWpLs





●9月30日(土)CRF250蔵前、CRF150大谷、CR85小野寺のサーキットラン
 東京杉並の古い仲間の登場。コースはマディでも頑張った。蔵前jrのライディングはご承知のとおり。大谷、小野寺両ライダーはそれなりのサーキットランでした。
 
タイトル/東京の3ライダーの登場。
左大谷CRF150/中小野寺CR85/右蔵前CRF250。

●東京3ライダーのサーキットランの動画を配信↓

https://youtu.be/k_Y2OFD49Ag






●9月24日(日)/山口YZスプロケ変更、シフト感覚の確認。桐生と伸太はリハビリラン
 サーキットのスケジュールでは、木の伐採と草刈りだった。オーナー夫婦が仲良く作業開始前、山口登場。桐生と伸太とのトレーニングランで来たとの事。まずいんじゃない。予約なしはサーキットスケジュールが狂うんです。
 サーキット利用の場合は必ず、予約をお願いします。
 しかしなんですな、山口の根性はたいしたもんです。桐生と伸太のリハビリランとは思えぬトレーニングもたいしたもんです。

●予定外なので短い動画ですが配信します。

https://youtu.be/LWjIrLxDBLI





●9月16日(土)/川野YZ250Xリーンウイズに挑戦。
 決して遅くはない川野YZ。サーキットランで20秒、30秒の遅れの原因は何か、とりあえずカーブでのリーンアウトのライディングではなかろうか、ではそのライディングを克服しよう。今回は克服第3弾です。
 主に後姿のフォームを参考に勉強しました。

●参考動画はこちらです。↓

https://youtu.be/xdsgAvnUF4I




●9月10日(日)/吉岡TT125登場。山口グループの登場、笠井チャンプと発展途上の酒井XR
 芳賀RMXは体調調整、桐生CRMも左肩リハビリ走行のはずなのだが、発展途上といえば以倉jr達朗君のライディングも著しい。なんたって、賑やかなことでした。       ●下の写真は吉岡TT125です。





























●写真説明も含めて、動画配信はこちら↓

https://youtu.be/GrBX9EEvol8




●9月9日(土)/三井WR復活サーキットラン
 単純骨折後2ヶ月あまり、サーキットで走りたい。五十嵐XTはトラウマ克服実施。同じようにベテラン三井もトラウマ克服の意味も込めてのサーキットラン。無理しないで行ってみよう。

●で、ライダー三井の題して「復活サーキットラン」の動画はこちら↓

https://youtu.be/RO0EPfVY-_A





●9月5日(火)/丸山SEROWのトレーニング「体」のなまりを溶かす
 体がなまってしょうがない。と気がついてサーキットラン。
 人生のさまざまな課題を抱えるなかで、オートバイに乗るライダーとしての意識が時に頭をもたげる。
よしサーキットへ行こう。

●と言うことで、丸山「悪企み」メンバーのSEROWがサーキットランで「体」のなまりを溶かしにやって来た。
 その他に、撮影技術の工夫なども兼ねての事だったけど、
●丸山SEROWのトレーニング動画はこちら↓

https://youtu.be/oYZy-SFsl3I




●9月3日(日)/第19回謙信杯争奪戦第5戦リザルツ
 暑くもなく寒くもなく、吹く風は心地よし。路面もベスト。今回は山口の根性、川野のトレーニング成果が見どころだ。伸太は痛み止め服用。桐生は左肩の脱臼が治癒不完全、八木沼は久しぶりのレースとあって両手のマメ栽培に気を使っていた。マシンの調子がよけれは以倉のトップ、川野のトップが実現するはずだった。丸山は勿論マイペースの段取りと言う具合だ。

■Aクラス/1位伸太(中)/2位桐生(右)/3位以倉(左)     ■Bクラス/1位八木沼(中)/2位川野(右)/3位山口(左)
















■Aクラス(第2戦は不成立)
ライダー   第1戦 第3戦  第4戦  第5戦  ポイント  合計
笠井 拓也   1位 3位  ー   18 
以倉 直隆   2位    1位  3位   27 
 伸    太  ー  1  ー  1位 10 20
 桐生 憲明  ー  2  ー  2位  9 18
 榎本 雅至  ー  4位  ー  ー  ー  7
■Bクラス (第2戦は不成立)
ライダー  第1戦   第3戦  第4戦 第5戦   ポイント  合計
八木沼 健  1位  1位  1  1位  10 40 
佐藤 大介  2位 ー   ー  ー ー  9 
 川野 健一  3位  2  2位  2位  9 35
 芳賀 秋裕 4位  ー  ー  ー  
 三崎 慎一 5位 ー   ー  ー  
 丸山 芳喜  6位 4位  4位  4位  7 25
三井 浩彰  7位 ー   ー  ー  
山口 俊介   ー  3位  3位  3位  8 24 

今回、Aクラスエントリーの3ライダーは暦年のチャンプだ。今年のチャンプ笠井は、全身創痍でマシンに乗れる状態ではないと言うことで、今回もカメラマンとなった。

●27才といえば、まだまだ先の長い人生だ。無理をすることなく、今は休養と治療に専念して欲しい。
 その彼の第5戦の写真集は動画配信とは別に配信します。お楽しみに:

■謙信杯争奪戦第5戦の動画配信はこちら↓

https://youtu.be/LcW2LDtMWXE

■笠井フォトギャラリー「謙信杯第5戦」の配信はこちら↓

https://youtu.be/gitxadhvjWY





●9月3日(日)/五十嵐XL125やっとサーキットに還ってきた。
 ご存知のライダーもいると思うが、今年のオープン記念で右足骨折の五十嵐XL。その五十嵐XLが、レース終了後サーキットランにやって来た。骨折のほうは早々と治癒したがトラウマに時間がかかったと言うわけだ。
 いいな、骨折後のライダー引退なんてのは淋しいからな。

■トラウマ克服五十嵐XL125のサーキットラン↓

https://youtu.be/jQ2E28lXgeo

 





●8月27日(日)/雨続き路面最悪、やつと走れる川野YZ250X
 今年の天候の悪さは何年振りのことかと話題になる。川野YZはトレーニングしたいのに、オーナーから「今日は無理だな」と何回断られたことか。やつとトレーニングが出来る日曜日、気分はランラン。
 この日は桐生YTKも体調を整えるためのトレーニングにやって来た。そこで川野YZへのアドバイスが行われた。











●桐生コーチが入ったトレーニングの映像がこれだ↓

https://youtu.be/t8vLf7gMDXE





●8月16日(水)/東京・杉並・蔵前親子がやって来た。
 ライダー蔵前が「バッテンクラブ」で耐久レースに出たり、毎週のようにダートレッスンに参加してオートバイテクニックを磨いていたのは、高校生のときだった。あれから35年、今彼の息子優生が高校生。そしてライダーとしてオートバイテクニックを磨いている。              ↓ ライダー蔵前(右)、その息子優生(中)、中島(左)


●今回の主役はライダー優生です。そのトレーニングの動画はこちら

https://youtu.be/8hYskl0D4s4





●8月13日(日)/ファミリーで楽しんだサーキット
 久しぶりに渡辺親子のサーキットの申し込みがあった。今回は4家族が揃ってのサーキットラン。総勢10数名、しかしマシンは2台。QRとTWだ。路面はマディという状況。それでも未来のライダー諸君は先を争うようにマシンにまたがるのでした。









●オートバイで走るより、走ったほうが速いという状況が当初はありましたが、路面が乾き始めると共に矢張りオートバイのほうが早い、という結論に達したのであります。
●楽しい動画をどうぞ↓

https://youtu.be/5H_wHQBcF84






●8月12日(土)/ゲリラ豪雨の中、トレーニングするライダーは誰だ!
 
早朝に雨、9時に小雨、空は今にも降りだしそうな雲行き。
 やめたほうがいいと思うけど、だがトレーニングやります。……行ってらっしゃい、と送り出した オーナー。









●答えは動画を見てください↓。雨の中、撮影する気は起きないオーナーの短い映像でした。

https://youtu.be/fRuCPV3amCk





●8月6日(日)/八木沼YZ250F、猛暑の中のトレーニング
 暑い、暑い、何度口に出しても涼しくはならない。わかっちゃいるけど「暑い」という一日、ライダー八木沼トレーニングにやってきました。あまり暑いので、撮影はありません。
元気な写真をお届けします。




●一方、午後から「ドローン」の練習が行われました。こちらは動画をどうぞ

https://youtu.be/HKW8PqSOwGo







●8月5日(土)/五十嵐CRF/暑さに負けずサーキットラン。
 暫くご無沙汰でした。話では、自転車に乗っていたときのこと。車にどてっ腹に衝突され、暫く静養していたとの事。相手は衝突したのを記憶にないとの事。後期高齢者のよくあるパターン。よくあるからと言って歓迎されることではない。
 そのあと、彼の子どもも車に衝突されたとの事。このパターンはよくある話ではない。そんな彼の近況でした。

●この日、オーナーは草刈りで疲れていたし、気温もぐんぐん上昇中だったので、五十嵐CRFの動画は作られませんでした。
 5月30日のときの動画もないので、少し古いが懐かしの動画を添付します。
https://youtu.be/H8Rdgau7QvI




●7月30日(日)/第19回謙信杯争奪戦・第4戦/リザルツ
 Aクラス/優勝以倉直隆                    Bクラス/優勝八木沼(中)/2位川野(左)/3位山口(右)














 Aクラス以倉のマシン不具合で1時間メンテナンス。以倉はCRにいつも泣かされている。しかし1時間かけてスタートしたからたいしたもんだ。
 Bクラス八木沼、川野の二人は気合を抜いていたように思う。丸山のマシンも調子がいまひとつ。その中で山口は今までの自己ベストで3位をゲット。以下リザルツとポイント。
■Aクラス(第2戦は不成立)
ライダー   第1戦 第3戦  第4戦   ポイント  合計
笠井 拓也   1位 3位  ー 18 
以倉 直隆   2位    1  10 19 
 伸    太  ー    ー 10
 桐生 憲明  ー    ー  ー  9
 榎本 雅至  ー  4位  ー  ー  7
■Bクラス (第2戦は不成立)
ライダー  第1戦   第3戦  第4戦  ポイント  合計
八木沼 健  1位  1位  1  10 30 
佐藤 大介  2位 ー   ー ー  9 
 川野 健一  3位  2  2位  9 26
 芳賀 秋裕 4位  ー  ー  
 三崎 慎一 5位 ー   ー  
 丸山 芳喜  6位 4位  4位  7 18
三井 浩彰  7位 ー   ー  
山口 俊介   ー  3位  3位  8 16 
コメント及び動画配信↓
 
笠井チャンプの「フォトギャラリー」おまけ付

https://youtu.be/MBiqqG1X7Wo





●7月22日(土)午後/甲田XRが灼熱下でサーキットラン
 明日から新潟は雨予報。天気のいいうちに一汗かこうとやって来た。マシンもチュンアップしたことだし、装備も整えたしというわけだった。

















●暑い熱いサーキット。午前中で切り上げた河野は正解。
 甲田XRの軽快なランはこちら↓

https://youtu.be/IrkSjgIu9B4






●7月22日(土)午前/川野YZも逆回りランだ!
 早速川野が要望に応えてやってきた。

■CRFからYZXにチェンジして半年あまり。まだまだ体がCRFの機能から脱却できていない、とも言えるライディングか?
 しかしサーキットランを繰り返すうちに、ある日突然YZXの機能に目覚めたりすることもあり得る。
河野の逆回りランの動画をどうぞ↓

https://youtu.be/WuWw6GrOKHI




●7月17日(月・祝)/大貫YZコース逆回りランだ!
 この動画は川野YZに見てもらいたい。

 八木沼YZの走りに似ているといえばいえる。伸太、桐生、笠井等のライディングは、このライディングにハンドルを引き気味だということなのだが、参考になるだろうか。
●大貫YZ逆回りランの動画↓

https://youtu.be/E18vORFaPU8




●7月15日(土)/仲村CRF250の場合
 暑い日が続きます。ライダー諸君お元気ですか。
 夏なら暑いのはあたりまえ。
ですが炎天下でサーキットランはきついでしょう。今日は仲村CRFのサーキットランをお届けします。


●動画配信はこちらです。↓ 

https://youtu.be/Av2n8b54V_o





●7月9日(日)/川野YZ250/ライディング研究
 ご存知川野YZ、ライディングが気になるので、今日はそのスタイル研究にやって来た。
 しかし、第3者がおかしいと思っても、本人がこのスタイルのほうが乗りやすいと言うのであれば、あえてライディングを直す必要はないように思う。オートバイは乗って楽しいと言うのが基本なのだから。

●動画配信はこちら↓。

https://youtu.be/doq-juGDwCY





●7月2日(日)/第19回・謙信杯争奪戦第3戦・リザルツ
 雨降る中での第3戦、当初フルコース。雨が激しくなってくるに従いコースカットを順次採用。
久しぶりのKTM榎本の参加が見ものだったし、、山口の根性が何処まで通じるか、そしてチャンプ笠井が他の追随許さぬ走りをを見せるか…。ついに時間短縮することなく、2時間フル走行。最も注目された丸山XR200以外全員完走。

●Aクラス↓/左2位桐生、中優勝伸太、右笠井          ●Bクラス↓/左2位川野、中優勝八木沼、3位山口

















■Aクラス(第2戦は不成立)
ライダー   第1戦 第3戦   ポイント  
笠井 拓也   1 3   8 18 
以倉 直隆   2     9 
 伸    太  ー  1  10  10
 桐生 憲明  ー  2  9  9
 榎本 雅至  ー  4  7  7
■Bクラス(第2戦は不成立)
ライダー  第1戦   第3戦  ポイント  ポイント
八木沼 健  1   1  10 20 
佐藤 大介  2 ー    9 
 川野 健一  3  2  9 17
 芳賀 秋裕 4   ー  
 三崎 慎一 5  ー   
 丸山 芳喜  6 4   7 11
三井 浩彰  ー   
山口 俊介   ー  3  8 8 
雨の中の激走/第19回謙信杯争奪戦第3戦の動画↓

https://youtu.be/BqZ1OzMe_v4





●6月28日(水)/工藤・甲田両ライダーの意欲的サーキットランだが、
          本日は中島出張で留守、動画及び写真など最新情報をお届けできない。その昔の写真をどうぞ
 26日にライダー丸山がマディなコースを走った後だから両ライダーにとって走りにくい路面状況だと思う。そういう時もある…。
●その昔はTriumpだぜベイビー、だったのだ。様子がいいね。





●6月26日(月)/丸山XR200新規購入・試乗サーキットラン
 栃尾サーキット土、日のHPをみて、これはうかうか出来ない。第3戦当日ではXRの真価を発揮できないと言うことで、早朝の雨が上がったマディなコースをものともせずにXR200の調整にやって来た。

●マディなショートコースは誰でも苦手なのに、中島にせかされて走らざるを得なかった丸山。その映像がこれだ↓

https://youtu.be/Vi1R_9cijLI




●6月25日(日)/山口YZ第3戦に向けて熱く燃えてラン/伊藤・藤田両ライダーと森君の登場
          桐生は第3戦に向けてマシン調整/大貫はライダーの感性磨きのサーキットラン。
■山口YZ↓/コースタイム4分6秒。                 ■伊藤XR100↓









■藤田XR50↓                                 ■森XR50









■ライダー桐生↓/コースタイム3分46秒。         ■ライダー大貫↓/コースタイム3分45秒。










●山口は糸魚川の耐久の経験を生かしてマシン調整後、やる気満々。桐生のランの後を追いかけてのライダー魂を発揮。
 大貫ライダーはこの日、欠伸の連続だった。別にサーキットランが退屈と言うわけではなく、自然の中で緑多い環境に身を置くと自然人に還った気分に浸ってのことだと言う。
●山口の仲間の伊藤、藤田、森3ライダーの走りはどうだ。
その動画を配信します↓。

https://youtu.be/xuYhYQlZqe4




●6月24日(土)/安念だ高澤だ川野だ八木沼だ伸太だ
          そしてあの懐かしい河田YZがサーキットランだ
安念カワサキ↓ 動画がないのが残念。              ■高澤CRF↓ 動画がないのが残念。









■河田YZ↓                                ■川野YZ↓










■伸太YZ↓                                 ■八木沼YZ↓










●第3戦の前哨戦かと思うほど、各ライダーに熱が入っていました。川野YZに対するアドバイスがアレコレとありまして、川野もしきりにライディングに工夫を凝らしていたが、なかなか思うようにはモノにはできない。そんなものかもしれない。しかし基本はシッカリ身につけていたほうがいい。
●安念も基本重視でサーキットランを楽しんでいた。高澤も慎重な走りで周回を重ねていた。
●伸太のマシン調整を兼ねたサーキットランも見ものだった。
●そんな楽しいサーキットランの動画を配信します↓。安念、高澤両ライダーの動画がないのが残念でした。 

https://youtu.be/_QmqGAAUTKw






●6月20日(火)/小菅DAX・斉藤カブ・児玉GROMのお散歩ランです。
           
ホンダ・モンキー生産停止最終モデル43万2000円だって、ホンダも強気だね…。(余談)
■小菅DAX↓                              ■斉藤カブ↓










■内山ディレクター?                           ■児玉GROM↓










●お散歩動画を再配信します。

https://youtu.be/HzOmwgASe6Q




●6月18日(日)/高澤CRF・大原WR・鳥羽CRMのサーキットラン=番外桐生と笠井
          遅れて三崎YZ、そしてサーキット復帰塩谷XRと甲田XLのサーキットラン。
 13ヶ月ぶりに高澤ライダーの登場。その高澤と共に大原、鳥羽のライダーがやって来た。そこに合流したのが桐生と笠井。二人は地元大橋氏と共に市道の草刈りに駆り出され終了したことでサーキットランを楽しんだと言うわけです。
■高澤CRF↓                               ■大原WR↓
















■鳥羽CRF↓                                ■鳥羽(見学参加)TW↓
















■三崎KX↓/桐生から指導を受けてステップアップ         ■甲田XLと塩谷XR↓塩谷の復活に拍手を送ろう。

















■桐生オリジナルマシン↓                          ■笠井チャンプ↓

















■賑やかなサーキットの動画を配信します。

https://youtu.be/EeCgBoFaXEA




●6月17日(土)/川野YZ第3戦に向けて
 
7月に行われる謙信杯争奪戦第3戦、第2戦は締め切り後の参加申し込みがあったものの、締め切りまで2台ということで「不成立」となった。さてその第3戦に向けて川野YZが燃焼率アップのためやって来た。
 ライディングで、何かが足りないのだけどまあいいか…。
●川野YZのサーキットラン↓

https://youtu.be/IerdQMDZ4dU

 




●6月14日(水)/栃尾サーキットお馴染みの甲田XLと工藤CRの登場です。
 甲田XLのライディング及びマシンは90%の燃焼率であった。後は全力全開を残すのみの課題があるのみ。
 一方工藤CRエルシノアはシフトの不具合で思うようにコントロールできない。この課題の克服にどのくらいの期間が必要か…。にしてもCRの排気音はいいな。
●二人のライダーの動画をどうぞ↓ 

https://youtu.be/X7VpspRPvkk






























●6月7日(水)/大橋YZ・馬場KLX・野村TT・平山FE・根元SERO・田島SEROそして五十嵐CRのサーキットラン
 今日は 大橋YZの引率で5台のデュアルパーパスバイクのサーキットラン。加えて再度五十嵐CRFの登場で賑やかなサーキットとなりました。
■大橋YZ250F                              ■根元SERO225










■馬場KLX250                              ■野村TT250R









■平山FE250                               ■田島SERO225










●そしてお馴染みの五十嵐CRF↓の面々。









●大橋YZと仲間たち、そして五十嵐CRFの動画配信↓

https://youtu.be/Cic3PTp7bPQ





●謙信杯第2戦は、申し込みが成立数に達しないので中止とします。
 
こればかりはどうしようもない。八木沼ライダーの申し込み以外はなかった。31日にライダー榎本が申し込みをしたが成立しないので、その旨をお伝えした。第3戦に期待したい。
 第3戦は7月2日(日)である。よろしく!



●5月30日(火)/ライダー五十嵐今日もサーキットラン
 
そこそこの走りでランを楽しむライダー五十嵐。いつも自分の中に過ぎ行く景色がイメージされている。コーナーからコーナーへのアクションが多分好きなのだろう。思い通りのアクションができれば、自分が分かる、そういうライダーなのだろう。
 動画はありません。写真は前回のものを使用。






●5月28日(日)/諸江AJP・謙信杯第2戦を前にマシンの調整ラン
 
朝6時は雨、止んだと思ったら10時に土砂降りの雨の日曜日。
 マシンの調子をサーキットランで確認したいと言うことで、ライダー諸江がやってきた。
●十分な撮影時間ではありませんが、動画を配信します。

https://youtu.be/DYDF53z2PzE




●5月21日(日)/グループ小柳の仲間たち。そして荒川XR、そしてそして三井WRがサーキットラン。
 荒川XRは、やっとやっとサーキットランが実現。それほどオートバイにかける時間がない中でのサーキットランです。グループ小柳の仲間たちは、小柳ライダー同様一見「強面」のライダー達です。
●左から小暮YZ/小柳YZ/早川KLX/荒川XR/小林GASGAS。

●そこで荒川ライダーにお願いして「レッスン場」を走ってもらいました。
その動画はこちら↓

https://youtu.be/BYu6lFE-Zlk

●午後になって三井WRが登場(写真下)。柏崎のハーフマラソンを走り終えてのサーキットラン。マラソンで強張った筋肉をほぐすストレッチ代わりという感覚が若さを物語る。※時間の都合で動画はありません。糸魚川シーサイドがんばれ!





●5月20日(土)/川野YZ、大貫YZ、そして甲田XLのサーキットランだ!
 互いにマシンに乗れば、ライバル意識は向上するというものだ。そこに撮影の設定が登場すれば、いやがうえにも緊張感は高まり、身も心もマシンも急上昇と言うわけだ。
▲なぜかレッスン場の藤の花が今年は綺麗だ。その藤の花を背景にツーショット。左大貫YZ、右川野YZ。

●↓川野愛用/YZ250X                          ●↓大貫愛用/YZ250F



















■↓気合が入ってきた、甲田XL。やっぱりマシンが小さいよな。でも燃焼率は90%だからな。

●3ライダーの動画はこちら↓

https://youtu.be/7-yl9OP1JWc





●5月17日(水)/今日も甲田XLと工藤CRはサーキットランに熱が入る。
 行ってみよう。やってみよう。こけてみる…ヤダッ!
 そうです。誰でもがコケたり、コースアウトしたりするのは嫌なものです。
言っておきますが、体力は精神力である程度カバーできますが、それとて基本が身についていないと、思わぬケガにつながります。ですよ。
●動画で検証、基本はどうだ。↓

https://youtu.be/almiexYwSVc




●5月16日(月)/懐かしきライダー中田、来る
 
そうです。懐かしいと言うには年月が経ちすぎている帰来があるが、かってはサーキットでレッスンを重ねた東京は杉並のライダーである。70を超えても現役ライダー。
 
●懐かしさを動画で紹介します。↓ 

https://youtu.be/FLenjInAq6o





●5月8日(月)五十嵐CRF/諸橋DT230が練習にやってきた。
 五十嵐CRFが例の調子でヒョコンとやってきた。
 弥彦村の諸橋ランツァと共に。五十嵐CRFの走りは「イヤと言うほど」見ているので今日は省略。
●写真左、ご存知五十嵐CRF。右諸橋ランツァ。

















●諸橋ランツァ・DT230の走りを動画で配信します。

https://youtu.be/UQLHoYIJtkk





●5月7日(日)第19回謙信杯争奪戦第1戦リザルツ
 第19回大会からオープンクラスをABクラスに分けた。また初級者のための45分耐久を新設した。
しかし45分耐久は申し込みがなかったので不成立となった。また、Aクラスは伸太のキャンセルで2名の参加となった。
Aクラス/↓左優勝の笠井。右2位の以倉。         Bクラス/↓左2位の佐藤。優勝の八木沼。右3位の川野


















Aクラス
 順位 ライダー   マシン 周回数   ポイント
 1位 笠井 拓也   KLX250 33  10 
 2位 以倉 直隆  TTR125  30  9 
         
Bクラス
 順位 ライダー   マシン 周回数   ポイント
 1位 八木沼 健  YZ125X 33 10 
 2位 佐藤 大介 XL250S  30  9 
 3位  川野 健一 YZ250X  29
 4位  芳賀 秋裕 KDX200  28 
 5位  三崎 慎一 KX100  27 
 6位  丸山 芳喜 KX125  21 
 7位 三井 浩彰  WR250R  20 


※第1戦会場には、独身時代栃尾サーキットで走りこんでいた外山が家族4人で顔を見せた。また以倉とコンビを組んでいた池田も顔を見せ、以倉をサポートしていた。更に昨日サーキットランを予約していた渡辺父子も雨で中止になったが、顔を見せた。とまあ長い歴史を持つ栃尾サーキットならではの出会いや思い出が時として現出する。
※今回三井のアクシデントが最後に花を咲かせたが、左手の擦過傷で済んでよかった。
※右足のリハビリ中であった芳賀さんも、どうやら2時間耐久を走りきって完治の様子であったのは歓迎してもよい。
※試合感想などは、動画配信時に記載するのでそちらを参考にして欲しい。
謙信杯争奪戦第1戦の動画↓

https://youtu.be/IZmQXLJdTKk





●5月5日(祝)/小柳親子の登場。川野・八木沼最終調整。甲田XL再登場。
会員登録を済ませた小柳雅樹君↓お父さんの貴之さんのほうは動画でどうぞ。

●最終調整の八木沼YZ(写真左。) 同じく最終調整の川野YZ(写真右。)









▼この日、嬉しいことに伸太が草刈り立木伐採の手伝いにやってきた? コース場の気になった所々に対して、オーナーに協力して整備しようと言うわけだ。嬉しいな、その心意気。ありがとうございます。しかし、その点は抜かりなく終わらせていたオーナーだったので、伸太の出番はなかった。伸太さんありがとうございました。

▼小柳さんの仲間が、↑このバイクでやってきた。オフロードコースに平気で入ってくるってえのが、凄い!
▼甲田XLも午後3時に再登場し、レッスン場はにぎやかな雰囲気に包まれていた。
 この日の雰囲気動画はこちら↓

https://youtu.be/nCl-G3Vyy3M



●5月4日(祝)甲田XL・工藤CRのトレーニングだ。
トライアンフから転向したオフローダーの走りはどうだ。楽しい走りは間違いない。
課題は何だろう、と考えさせられる二人のライダーの走りをご覧ください。
▲楽しいサーキットランの動画はこちら↓

https://youtu.be/yJUcHQl0ohU
●写真左/甲田XL、写真右/工藤CR
















●5月3日(祝)三井/川野/笠井そして八木沼のトレーニングだ!
憲法記念日の今日。
新しいマシンの調子を体で試すために川野がやってきた。三井は久しぶりのサーキットランで謙信杯に備えるためのトレーニングにやってきた。そしてチャンプ笠井は愛車のチューニングの結果はどうだ、とその仕上がり具合を試しにやってきた。
更に新たなマシンが準備されたということで、八木沼が遅れてサーキットランにやってきたと言うわけだ。
オマケに桐生が30日のレースの後遺症?を抑えて見学に来た。写真中央。
▼4ライダーの写真と動画はこちら↓

https://youtu.be/uibfh0T3pnU





●4月23日(日)オープン記念

金子WRが来るとは思っていなかった。宮島も来るとは思ってみなかった。
来ると思っていた近藤、諸江、芳賀などの顔はなかった。今回は三つのトピックスをお伝えする。
一つ、地元のご婦人4名が見学にやってきた。
二つ、山口YZはエンジンがかからないことを確認してサーキットを後にした。
三つ、五十嵐XTが転倒骨折でライダーへの岐路を迎えた。まあ色々とあるわけです。
●当日のオープン記念の模様を動画でお届けします↓。

https://www.youtube.com/watch?v=diPxd9xJSII




オープン記念4月23日(日)は予定通り開催します。
関係各位には連絡済でしたので、改めてHP上には掲載しませんでした。八木沼君からHP上でも掲載したほうが親切ですと言われました。で急遽オープン記念の告示です。
▲花ももの花見とトン汁無料サービスも同時開催されるとの事ですから、楽しみに参加してください。
写真は昨年のオープン記念時のものです。人生もオートバイも効率よい「燃焼」を…。



●4月16日(日) やっと春らしくなりました。
まだサーキットランは無理ですよ、と言ったがトライアンフ甲田・五十嵐両ライダーは、マシン変更に伴い是非サーキットランを体験したい! マシン変更? ヘエー、マシン変更? 野生ライダーに火がついたのか…。写真/左甲田XL、右五十嵐KX。
ちなみに工藤トライアンフはCR125、エルシノアを確保したとの事。2本サスだぜ。どうなるトライアンフ軍団……。
■二人のサーキットランの動画はこちら↓

https://youtu.be/zBiNCgFsCLQ



●4月4日(火) 春とはいいながらまだ寒い。
そんな中、完全武装で「アルダナ」小菅さんと内山君が女性ライダーとともにやってきた。サーキットの様子はどうか、初心者向けのコース設定、コース場の各コーナーの整備は、そして謙信杯のレギュレーションなど話し合った。
※懇談後サーキットへ下見に出かけたが……後は知りません。



●今年の雪解けは遅い。
4月1日に林道の除雪作業を行い、サーキットの4月23日オープンに向けてフル稼働の予定である。

●参加費/ 一般 5,000円
        会員3,000円
 
●謙信杯の競技規則及びクラス分けはサーキット情報をご覧ください
謙信杯争奪戦2時間耐久レース
 平成29年/レースカレンダー(予定)

 
  第1戦、5月7日(日)終了。
  第2戦、6月4日(日不成立。
  第3戦、7月2日(日)終了
  第4戦、7月30日(日終了
  第5戦、9月3日(日)終了
  
第6戦、10月8日(日)終了

■トライアル場

■アクセス

■メンバー紹介

サーキット情報